ツタヤDVDビジネスカレッジにて1位になりました!

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
観光の達人はとバスの車両に迫ります。
はとバスは、定期観光バスをはじめとして、国内の観光バスをリードする様々な特徴ある車両を、国産・輸入に関わらず導入してきました。

はとバス一般タイプ

国産の一般タイプは、いすゞ自動車製の大型スーパーハイデッカーが中心(東京いすゞ自動車が株主のため)で、9m車やスーパーハイデッカーの一部で僅かに日野自動車製を導入した程度で、他社のようなハイデッカー車は上高地方面用の一部車両にとどまっており、全体的にレベルが高いです。多くは補助席付き55人乗りタイプであるりますが、いすゞ・ガーラをベースとして、自社主催ツアー向けの「フォルテシモ」・「ピアニシモ」と称する、3列席を備える2タイプの高級観光バスや少人数向けに9mクラスの車両も投入されています。
なお、ガーラ登場以前のいすゞ製大型車は富士重工業製の車体を中心に架装、スーパーハイデッカーは現行型のセレガ(貸切)/ガーラ(定期観光)導入前はフロントウィンドウにセンターピラーが入った上下2枚窓タイプを採用していました。

はとバス輸入車・2階建て車

ドイツ製のはとバス観光2階建てバス「ドレクメーラー・メテオールE440」が2世代にわたって導入され、定期観光のはとバス2階建て車使用コースの主力として活躍しています。
一時期ベルギーの「バンホール・アストロメガTD824」が導入されたが2台にとどまり、2005年3月からハローキティバスとして活躍中。
最近は輸入観光2階建てはとバスは縮小し、三菱ふそう・エアロキングも導入されるようになりました。
はとバスの車両も奥が深いです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。