ツタヤDVDビジネスカレッジにて1位になりました!

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はとバスバスガイドになるために最初は、はとバスがたくさん回る、東京の地理をおおまかに覚える。
環状線をぐるぐる周ったりしてね。そのあとは、細部の道とフレーズ、建物を覚える。
一回バスガイドの先生が言った事を忘れたりしたらもう大変!って感じに、真剣に聞く、メモル。
その後は、降車ヵ所について覚える。
オータニとかオークラ、はとバスが利用するお店の場所を確認する。
はとバスのコース毎の小さな教本をもらう。その中には、お店のデータだとか、メニュー、そのコースだけの注意事項、フレーズなどが載っている。
バスガイドになるために週一休みで、一ヶ月毎日こんな生活。宿題が多くって、夜も全然眠れない日々。
そんなこんなでやっとはとバスのバスガイドとしてデビュー!!
バスガイドデビューしたてのころは、できるコースが限られている(しかも、簡単なコースばかり)ために、バスガイドデビューしたあとも、ちょくちょく、エリアアップ教習が行われる。
でも、エリアアップの教習は、とってもなごやかに、降車ヵ所の確認と、教本の読み合わせ程度。
バスガイドデビューするまでが大変なんですね。


スポンサーサイト
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。