ツタヤDVDビジネスカレッジにて1位になりました!

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はとバスで行く京都!全2日間 (食事条件があるのでご注意を。)
はとバスで行く京都の旅1日目は 浜松町を7:30に出て、新宿駅西口を8:10に出ます。
中央道・長野道から安房トンネル、平湯から飛騨・高山で、高山市内には16:30に到着します。
それからお楽しみの夕食タイム。
はとバスで行く京都の旅一日目終了です。
そして、 2日目は、高山市内を8:30頃出発して、高山朝市から世界文化遺産・白川郷に行き、中央道又は北陸・関越道で新宿駅経由の後、東京駅に20:00着予定のはとバス京都の旅。
どうでしょう?
飛騨・高山では、小京都の情緒あふれる古い町並み散策をお楽しめますし、高山朝市では、宮川沿いの朝市で、温もりと情緒とふれあいが楽しめます。
他には、世界文化遺産・白川郷で、日本の原風景の中に、今も昔ながらの営みが続いているのを肌で感じることが出来ます。
このはとバスのプランには履きなれた靴で参加される事をオススメします。たくさん歩きますよ。(笑)

スポンサーサイト
「はとバス」京都なんてと思われますが、一泊二日や二泊三日ではとバスで行く、京都三尾と六甲温泉パック。
温泉でゆっくりしたいですね。
さすがに日帰りとは行かない距離なのではとバスで京都への道のりを贅沢に時間をかけていくのもわるくないはず。
結構な長旅になるから車内でつまむお菓子や飲み物は絶対持ち込みたいアイテムですね。
はとバスは東名高速をとばし、京都にはいります。
京都に入る前にあらかじめ食べたいものをリストアップしておきましょう。
私ならまずは京都の抹茶。
そして、定番ですが”おたべ”などもなかなか普段食べる機会がありませんので、このはとバスツアーでこその京都を堪能したいですね。
あとははとバスの中でコースに入っていない観光スポットの位置も地図を見ながら把握しておきたいです。
はとバスから降りてゆっくりと見れない場所があるかもしれません。
ですから道中、京都に入ると、はとバスからの外の景色はちょっとでも見落とすことはもったいなくてできないんです。
双眼鏡を首にぶら下げる行為もおすすめです。
京都は言わずと知れた観光名所。歴史も長いですし、見るところも一泊や二泊では到底カバーできません。
ですからはとバスさんもよりよく京都をまわるために行かない所や通るだけの所もありますのでご注意を。

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。