ツタヤDVDビジネスカレッジにて1位になりました!

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はとバスバスガイドになるためには車上教習を受けて、パスしなければいけないみたいです。
バスを使っての教習。もちろん、ステッカーは《はとバスのバスガイド教習》同じ制服を着たオンナノコがぞろぞろ乗っているので、とても人目を引くみたい。
はとバスのバスガイドの先生に指された人が、ガイド役になる。「はとバス20号で、東京から新宿まで、バスガイド役は鈴木さんお願いします。」みたいに指されるらしい。
どこまでやるのか場所を指定されないときは、出来が良ければ、すぐ他バスガイド役の人に変わるし、出来が悪ければ延々バスガイド役をしっぱなし。
もちろん、先生は、はとバスの一番前の席に座っていて、一言一言、めちゃコワイ、ツッコミが入り、発音が違うだとか、ワンフレーズ抜かしているだとか結構きびしいみたい。
大変な量が宿題として出されているので、完璧にガイドさんになっている人はいない。
みんな、つっかえつっかえ、先生にフレーズの頭だしをしてもらいながら、頑張っているようです。

この厳しさがあるから、はとバスが成り立っているんですね。頑張ってください!バスガイドの”たまご”のみなさん!


スポンサーサイト
はとバス観光しよう!

綺麗な夜景、お食事を楽しむはとバス観光コースです。

帝国ホテルと六本木ヒルズでのおいしいバイキングプラン
新宿駅東口17:10発。東京駅丸の内南口18:00発。六本木ヒルズ「東京シティビュー」での展望・60分。帝国ホテルならではのおいしいバイキングのお食事・80分。東京駅(22:00着予定) はとバスで楽しめる人気観光です。

六本木ヒルズと夜のアクアスタジアムはとバス観光
東京駅丸の内南口17:00発。六本木ヒルズ「東京シティビュー」を展望一覧。ウォンズ・シノアでの中華の食事・なんと点心食べ放題・60分!品川プリンス「アクアスタジアム」(見学・80分)東京駅(21:40着予定)
六本木ヒルズ展望台から、まばゆい東京の夜景を楽しみいただき、神秘的な夜の水族館へご案内します。

品川プリンスホテル「ハプナ」のバイキングとニューハーフショー
東京駅丸の内南口17:20発。新宿歌舞伎町「アルカザール」(ニューハーフショー/ウィスキー・焼酎・ソフトドリンク飲み放題・80分)品川プリンスホテル「ハプナ」でのバイキング料理・90分。東京駅(22:00着予定) 綺麗なニューハーフさんとのふれあいが楽しめるはとバス一押し観光です!
はとバスでの観光はホテルも充実!

はとバスでの華麗なる薔薇の洋館と帝国ホテル観光
新宿駅東口(9:20発)東京駅丸の内南口(10:00発)鳩山会館(40分)旧古河庭園(庭園散策・40分)帝国ホテル「ラ ブラスリー」(食事・60分)旧朝香宮邸:東京都庭園美術館(世界を魅了したティファニー展見学・50分)東京駅(16:50着予定
ご昼食は帝国ホテルでお楽しみください。

秋いちばん!芸術の香りとマキシム・ド・パリはとバス観光
新宿駅東口(9:00発)東京駅丸の内南口(9:40発)旧古河庭園(庭園散策・40分)銀座 マキシム・ド・パリでのおいしいお食事・80分、東京ミッドタウンサントリー美術館(見学・90分)国立新美術館(フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展見学・60分)東京駅(16:30着予定
はとバスでしか味わえない秋いちばんお勧め美術館巡り観光です。


目黒雅叙園百段階段と寛ぎのアフタヌーンティー観光
新宿駅東口10:00発。東京駅丸の内南口10:40発。六本木ヒルズ・東京シティビューを展望・60分。目黒雅叙園での洋食バイキングの食事・百段階段見学・120分。赤坂エクセルホテル東急で喫茶・40分。相田みつを美術館(見学/入場解散 といったはとバスならではの観光です。

はとバス日帰りコースにはいろいろあります。

豆の産直てんこ盛り!海鮮お土産と駿河湾ミニクルーズはとバス日帰りツアー
伊浜松町を8:30出発。まずはあの東名道浄蓮の滝散策。昼食は伊豆牛の入った旨いもの膳をご賞味ください。
修善寺しいたけ狩り!(椎茸炭火焼の試食付)伊豆長岡みかん狩り!(初物みかん食べ放題です)そのあとお楽しみの、駿河湾クルーズ!(富士を望む爽快クルーズ最高です!!)東京駅(19:30着予定) といった、はとバス日帰り人気のコースです。

早咲きのシクラメンと秋の贈り物はとバス日帰りツアー
浜松町7:30発。池袋駅東口8:10発。小美玉市(250万本のコスモス畑)益子焼つかもと(昼食・ショッピング)外池酒造(地酒の試飲とショッピング)JAはがの(9月:梨狩り、10月:りんご狩り。取り置き食べ放題付)真岡市(早咲き3万本のシクラメン観賞)池袋駅(19:00着予定)東京駅(19:30着予定) 食べ放題、シクラメン鑑賞といった、女性におすすめはとバス日帰りツアーです。
はとバスで行く観光スポット、宝塚歌劇団の旅!
宝塚歌劇とマキシム・ド・パリの優雅なディナー(宙組公演)B席プラン

はとバスは新宿駅東口を11:50と浜松町を12:40出発。一番の観光場所東京宝塚劇場へ。(B席にて鑑賞・210分)銀座マキシム・ド・パリ(食事・120分)をした後、はとバスは、東京駅へ(19:40頃)新宿駅(20:30着予定)
この観光の料金は大人 17,800円 で夕食付 !はとバスで行く宝塚歌劇団観光おすすめです!
清く、正しく、美しく。を信念におき、
小林一三翁は、宝塚歌劇団のモットーとして、生徒やスタッフの胸に今も強く生きているのです。84年の生涯、日本の経済界、政界、そして何よりも宝塚歌劇に大きな功績を残しました。
この方の歴史に触れるのもこのはとバス観光の目的のひとつです。

宝塚歌劇団出演者は女性だけ、男性の役は男装した女性が演じる、ミュージカル、レビュー、ショーと多岐にわたる公演ジャンル、和洋どちらもこなす幅広い公演レパートリーなど、宝塚歌劇を象徴する事柄はたくさん。
特に大規模なレビューやショーを定期的に上演する劇団は世界でも宝塚歌劇だけなんです。そんな魅力をこのはとバス観光で楽しんでみてはいかがでしょう。



観光の達人はとバスの車両に迫ります。
はとバスは、定期観光バスをはじめとして、国内の観光バスをリードする様々な特徴ある車両を、国産・輸入に関わらず導入してきました。

はとバス一般タイプ

国産の一般タイプは、いすゞ自動車製の大型スーパーハイデッカーが中心(東京いすゞ自動車が株主のため)で、9m車やスーパーハイデッカーの一部で僅かに日野自動車製を導入した程度で、他社のようなハイデッカー車は上高地方面用の一部車両にとどまっており、全体的にレベルが高いです。多くは補助席付き55人乗りタイプであるりますが、いすゞ・ガーラをベースとして、自社主催ツアー向けの「フォルテシモ」・「ピアニシモ」と称する、3列席を備える2タイプの高級観光バスや少人数向けに9mクラスの車両も投入されています。
なお、ガーラ登場以前のいすゞ製大型車は富士重工業製の車体を中心に架装、スーパーハイデッカーは現行型のセレガ(貸切)/ガーラ(定期観光)導入前はフロントウィンドウにセンターピラーが入った上下2枚窓タイプを採用していました。

はとバス輸入車・2階建て車

ドイツ製のはとバス観光2階建てバス「ドレクメーラー・メテオールE440」が2世代にわたって導入され、定期観光のはとバス2階建て車使用コースの主力として活躍しています。
一時期ベルギーの「バンホール・アストロメガTD824」が導入されたが2台にとどまり、2005年3月からハローキティバスとして活躍中。
最近は輸入観光2階建てはとバスは縮小し、三菱ふそう・エアロキングも導入されるようになりました。
はとバスの車両も奥が深いです。

はとバスコース! 東京一日/新宿駅発

はとバスにて 出発口をしっかり確認しましょう。コースによってもことなりますよ~。
新宿駅西口 (9:00発)=新宿駅東口 (9:30発)=新宿新都心 (車窓)=表参道 (車窓)=迎賓館前 (車窓)=国会前 (車窓)=皇居前広場 (坂下門~二重橋前~楠正成像見学・50分)=道灌かがり (食事(和食)・50分)=東京タワー (展望・50分)=お台場 (フジテレビ・デックス東京ビーチ・アクアシティお台場・お台場海浜公園など自由散策・60分/)=浅草観音と仲見世 (自由散策・50分)=靖国神社 (車窓)=新宿駅東口 (17:40着予定)このはとバスのコースは食事は昼食付で、料金は大人: 8,900円で、子供: 5,400円とまぁまぁ、はとバスのコースの中でもいいぐらい。
ただこのはとバスのコース注意したいのは、新宿駅西口9:00出発のダイヤがあること。
西口を出発後、東口を経由し9:30に出発する。西口から出発の方も終了は東口になること。 それと フジテレビ展望台見学プロムナードは月曜日(祝日の場合は翌日)定休日となりデックス東京ビーチ、アクアシティお台場は休館となる場合があるんです。
はとバスの東京コースはいろいろありますね。


はとバス日帰りツアーにはいろいろあります。

迫力の渓谷美 昇仙峡と絶景かな”ほったらかし温泉”日帰りはとバスツアー
浜松町8:00出発。新宿駅西口8:40出発。中央道ほうとう会館での名物おざらの昼食。
昇仙峡(奇岩・仙娥滝など大自然の迫力!)ほったらかし温泉へ。
なんと景色がとても綺麗な露天風呂へ入浴。海抜700メートルの高台からの眺めを堪能。
その後、山梨・ぶどう狩り食べ放題!新宿駅(19:00着予定)東京駅(19:30着予定)といった大満足な、はとバス日帰りツアーはいかがでしょうか。

南房総 海の王者の炉端焼きとコスモス&フルーツ狩り日帰りはとバスツアー
横浜9:00発。東京湾アクアライン通行保田・万寿山にて炉端焼きの昼食。
なんと伊勢海老1尾、ズワイガニ1杯、車海老1尾、地魚1匹付!ホタテ・サザエ・ハマグリ、マグロづけ丼、あさり味噌汁は食べ放題!)南房総コスモス摘み房総フルーツ狩り(梨(9月)又は柿(10月))東京湾アクアライン・海ほたる横浜(18:30着予定) おいしいもの満載の日帰りはとバスツアーです。


はとバスで行く日帰りグルメの旅!日帰りだからおいしいもの食べて、飲んで帰りたい!という方にお勧めです。

このはとバス日帰りグルメの旅、季節やその日の仕入れ状況によってはメニューが変わることがあります。

「離れのやど 星ヶ山」…小田原の海岸線から少し入った山間の静かな場所に広がるログハウス。
澄んだ空気の中で食べる料理は地元の魚介類など素材にこだわった親しみやすいはとバス日帰りグルメの内容です。

・アジの姿作り(タタキ)
・しおから
・旬の野菜のカキ揚げ
・もずく
・鶏五目御飯
・香物(つけ物)
・具だくさんの汁
・デザート
・コーヒー
をいただきます。下は、はとバス日帰りグルメの旅の日程です。

はとバスに乗り、浜松町を9:30出発=東名道=離れのやどへ、 星ヶ山で(昼食:自然食料理)=洒水の滝(新緑の名瀑見学)=アサヒビール神奈川工場(見学・試飲)おみあげでビールはいかがでしょう。=東京駅(18:30着予定)の日帰りプランです。

やはりおすすめは昼食のアジの姿作りですね。食す価値ありです。

ここでははとバスコースの詳細をお知らせします。 東京一日(C)/東京駅・銀座キャピタルホテル発
銀座キャピタルホテル (9:00発)=東京駅丸の内南口 (9:30発
(土日祝は9:10発もあり・10/6・7、11/3・4は10:10発もあり))=皇居前広場 (坂下門~二重橋前~楠正成像見学・50分)=国会前 (車窓)=迎賓館前 (車窓)=表参道 (車窓)=新宿新都心 (車窓)=新宿住友ビル展望レストラン「シャーウッド」 (和食・50分)=靖国神社 (車窓)=浅草観音と仲見世 (自由散策・50分)
=お台場 (フジテレビ・デックス東京ビーチ・アクアシティお台場・お台場海浜公園など自由散策・60分。
このコースははとバスの定番ですね。
はとバスは主に東京を観光するコースが多いですね。
はとバスのコースの魅力はそのスケジュールにあると言っても過言ではありません。
緻密に計算されたこのはとバスのコースは乗られた方を飽きさせない工夫がいっぱいです。東京に行かれたことがなかなかない方も実際にお住まいの方にも飽きさせない1番の工夫はその時期にあったはとバスのコースを提案している所ではないでしょか。
一度は行ってみたいはとバスのコースですね。


現地で予約をする。せっかくの自由旅行、何もかも予定をたてて予約してから行くのと行かないのでは、向こうに着いて”あっ あれをしたい”と思っても”明日は予定が”って事になりかねないですよね。
そこで、現地で予約できる定期観光ツアーをおすすめします。いわゆる海外版”はとバス”ですね。
はとバス なら現地で予約するので縛られることはありませんね。
しかも観光ポイントをはとバスなら効率よく廻れるし、土地勘はつかめるし、はとバスなら土産物屋に連れて行かれません。
ただし、食事付きや入場観光するものは前日までの予約が必要となる場合が多いのでご注意を!英語が分からないから現地ツアーはちょっと・・・と思う方にはありますよ!
はとバス日本語ツアーも現地の旅行代理店を利用する場合の注意点ローカルの旅行会社を訪れるのには勇気が入りますよね。
まずは客引きがいるところには入らないこと。これはその代理店が客引きにコミッションを支払うため、そのツケはお客に価格転嫁してきます。 
いろいろな面で、安心のはとバスで旅にでましょう。予約も忘れずに。


はとバス日帰りプランにはいろいろあります。

はとバスの日帰り紅葉の奥日光 三名瀑(吹割・竜頭・華厳)めぐりとりんご狩り。池袋駅東口(7:30発)関越道沼田りんご狩りが、なんと食べ放題!吹割の滝もみじ狩り(散策・自由昼食)金精峠通行竜頭の滝中禅寺湖(水面に映える紅葉を車窓より)華厳の滝東北道池袋駅(19:30着予定) のはとバス日帰りコースです。

はとバス日帰り紅葉の奥日光 三名瀑(吹割・竜頭・華厳)めぐりとりんご狩り。上野駅浅草口(7:00発)関越道沼田りんご狩り(食べ放題)吹割の滝もみじ狩り(散策・自由昼食)金精峠通行竜頭の滝中禅寺湖(水面に映える紅葉を車窓より)華厳の滝東北道上野駅(19:30着予定)のはとバス日帰りコースです。

はとバス日帰り紅葉の奥日光 三名瀑(吹割・竜頭・華厳)めぐりとりんご狩り。新宿発新宿駅西口(7:00発)、関越道沼田りんご狩り(食べ放題)、吹割の滝もみじ狩り(散策・自由昼食)、金精峠通行竜頭の滝中禅寺湖(水面に映える紅葉を車窓より)華厳の滝東北道新宿駅(20:00着予定のはとバス日帰りコースです。
(本コースには、お食事は含まれません。)
はとバスバスガイドさんの入社試験!
まったく未知の世界といいますか、なんといいますか・・・。
はとバスのバスガイドの入社試験少しだけ興味があります。どんなものなのかな・・・。
ワンステップめは、筆記試験。契約社員のバスガイドは面接のみの様で、ワンステップめは簡単らしいですね。(私は面接が個人的に苦手なのですが・・・。すごいな。)
セカンドステージは初期教習です。現在はとバスのバスガイドさんもこれは、大変だと言っています。内容的には、はとバスのバスガイドになることにかわりはないので社員と契約社員は同様に厳しい教習を受ける事になるみたいですね。
辛そう。大変なんですね。しかし、これが終われば、次は、 机上教習に移ります。 教室で、地図と参考資料、教本を使っての座学。これから行く、はとバスのルートや、周辺の情報、教本の読み合わせ等が、行われます。
バスガイドの”たまご”にはツライツライ宿題も毎日出されるようです。
宿題という響き懐かしいですね。はとバスのバスガイドになるのも大変です。


はとバスでいくエキゾチックツアー!名付けてエキゾチック横浜!このはとバスツアーは、新宿駅東口を出て、横浜を満喫ツアーです。
まず東京駅丸の内南口を9:00に出て、港の見える丘公園・山手洋館・外国人墓地 へ。
外国人墓地!?と思われますが以外と以外とてもきれいで自由散策を70分設けられていますが足りないかもしれません。それぐらい行く価値があります。
その後、はとバスは横浜ロイヤルパークホテル「シリウス」へ。地上277メートル、ランドマークタワー70階でバイキング料理の食事を食べます。ツアーの醍醐味ですね。
それからみなとみらい21で自由行動で70分過ごし横浜中華街 を自由散策。
そして、はとバスは東京駅へ。17:00着予定です。食事は昼食だけのうれしいバイキング付。料金は大人は8,900円の、子供が 5,230円のはとバスツアーになってます。
横浜という近場のはとバスツアーですから割と場所場所のゆったりとした時間設定はうれしい内容のツアーになっています。
はとバスにゆられながら横浜を満喫する。
納得のいく、はとバスツアーになっていると思いますよ。


はとバスの温泉ツアーを見てみましょう。
はとバス温泉ツアー1日目は浜松町を 7:30に出発します。新宿駅西口は 8:10出発です。中央道権兵衛トンネル寝覚ノ床 (奇
岩の名勝散策と昼食)妻籠宿 (往時の姿を今も留める町並み)はとバス温泉ツアー1番の目的、楽しみの下呂温泉 には16:30頃につきます。
日本三名泉のお湯と情緒を存分にお楽しみください。
はとバス温泉ツアー<2日目>下呂温泉を8:30出発。中央道小原四季さくら (真赤なもみじとピンクの桜が醸し出す不思議な光景)香嵐渓 (巴川の清流を埋め尽くす4,000本のモミジ、もみじ・・・)八丁味噌の郷 (連続TVドラマ”純情きらり”の舞台見学とショッピング)東名道新宿駅経由東京駅 には20:30着予定です。
食事は1日目は昼食と夕食。2日目は朝食付です。
しかも、夕食はお食事処又は宴会場にて会席料理です。朝食は
、お食事処又は宴会場にて和定食。このはとバス温泉ツアーの 代金は出発日によって金額が異なりますが、大人: 23,800円~36,800円、子供: 3,000円引きです。
ゆっくり温泉を楽しんでみてはいかがでしょう。



はとバス観光
スポット!IN東京!
はとバスで行く、江戸から平成の現代まで東京の名所を一度に満喫!する観光スポット。
まず、はとバスで、品川駅東口を8:50に出発し、東京駅丸の内南口から皇居前広場(楠正成像~二重橋前を40分間。靖国神社に30分間観光。米久(牛鍋)又はむぎとろを選び食します。そのあと、はとバスで、浅草観音と仲見世を自由散策100分間。お台場観光。汐留シオサイト(車窓)六本木ヒルズ・東京シティビューを望みながらはとバスで、東京駅経由をし17:40頃に品川駅にはとバスが着きます。料金は大人 8,900円 子供4,850円 になります。

もうひとつのはとバス観光は、
東京名所と隅田川の船旅をお楽しむコース。
上野駅浅草口を9:10出発し、東京タワーを展望50分間、はとバスで移動し葵丸進・浅草観音と仲見世隅田川下り(浅草~日の出桟橋・40分)東京駅には15:00着予定。お昼付です。観光料金は大人 7,890円 子供 4,600円 です。

はとバスでの観光東京おすすめプランでした。



はとバス日帰りプランに一番出てくるのが東京タワー。はとバス日帰りツアーには定番中の定番でしょう。

東京タワーの色を聞かれると大体が”赤”と答える方が多いと思いますが、実は正式名は”インターナショナルオレンジ”だそうです。オレンジなんですね。私も初めて知りました。このタワーの正式名称は日本電波塔。
地上アナログ・デジタルテレビジョン放送(VHF・UHF)及びFM放送のアンテナとして放送電波を送出する他、東日本旅客鉄道(JR東日本)の防護無線用アンテナと東京都環境局の各種測定器を設置しているので、しっかりとした、電波を発している塔なんです。
一般的に東京のシンボル・観光名所として知られているだけではないいなですね。はとバスの日帰りプランに乗り込めばすぐ聞ける情報です。設計上は最上部で風速100m、下の部分で80mの風に耐えられ、関東大震災の2倍クラスの大規模地震が起きても大丈夫という事になっているが現在の強度は定かではないらしいのではとバスの日帰りプランで行かれた時はご注意を。(笑)
高さが332.6m[1]なのはフランス・パリのエッフェル塔の324mより8.6m高く、自立式鉄塔としては2007年現在も世界最高です。
はとバスの日帰りプランで、実際に見てください。

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。